雑貨を利用して生活感のない暮らし

日常生活では仕事の職場と自宅の自分の部屋が、生活空間の重要な居場所ではないかと思・・・

部屋の空間とインテリア雑貨

雑貨を利用して生活感のない暮らし 日常生活では仕事の職場と自宅の自分の部屋が、生活空間の重要な居場所ではないかと思いますが、その往復だけでは滅入ってしまいますから、休日などにストレス解消のために、環境を変化させる活動をすることになりますが、外出は好きなようにできますから、問題は自宅と職場の住み心地を良くするということが、生きていく上では欠かせないということになります。しかし職場の場合には決定権がある人のセンスで決まってしまうので、できることでは自分のデスクや備品を、雑貨などでセンス良くすることぐらいだと思います。メインは仕事なので仕方がないですが色々な工夫はできるかもしれません。しかし自宅の自分の部屋は好きなように変えることができます。極端に言えばベッドだけの何もない空間も作ることもできます。

そうなると自分の部屋を、如何に住みやすくするかということを常に考えて、ストレスが溜まらないようにインテリア雑貨などを購入して、如何に住みやすくするかということになりますが、ポイントは例えば床や壁、天井などの無地の広さのある範囲の利用です。例えば床の場合には、温かみのあるイメージの敷物などが効果的ですし、天井などでも最近では自宅で夜空を天井に映すことか出来る卓上プラネタリウムなどもあります。そのように雑貨などの利用して空間をイメージ化することが面白いのではないかと思います。

関連サイト情報

Copyright (C)2018雑貨を利用して生活感のない暮らし.All rights reserved.